便秘と一緒に気にしたい症状

便秘は単にお通じが悪くなっているだけではなく、身体へさまざまな悪影響を及ぼすことになります。代表的な例としてはオナラが臭くなったり、お腹が張っていたりといった症状がありますが、これ以外でも肌荒れや体臭、口臭が酷くなってしまう、倦怠感や疲れやすい体になってしまう、風邪をよくひく、口内炎ができやすいといった症状も便秘と関連性があるとされていますので、便秘と共に注意しておきたいところです。美容面で言うならばやはり気になるのは肌荒れ、体臭、口臭という症状ですね。便秘を改善することによってこれらの関連性のある症状も改善される可能性が高いので、便秘解消を第一の目標としてみることを強くおすすめします。

便秘がよく起きる人は、既に腸内環境が悪くなっていることが予想されます。善玉菌と悪玉菌のバランスが「善玉菌<悪玉菌」の状態になっているため、善玉菌を増やす、悪玉菌を減らすという目的で、食生活から改善していくようにしてください。肉類に偏った食生活を送っているのであれば、肉を食べることを控える、野菜が不足していて食物繊維が取れていないならば野菜中心の食へと切り替える、加えてヨーグルトやオリゴ糖などの便秘改善効果の期待できる食べ物を食べるなど、食生活を変化させていくようにしましょう。

善玉菌を増やす、悪玉菌を減らす

善玉菌を増やす方法として有名なのは、やはりヨーグルトなどの食べ物を摂取して、体内に善玉菌を直接取り込む方法です。ヨーグルトは便秘に良いと言われている理由は、ヨーグルトの中にビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌が含まれているからで、食べるだけで腸内環境を整えることにつながります。また、近年話題になっているのはオリゴ糖を摂取して善玉菌を増やしていくという方法です。こちらは善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂取することで、もともと体内に残っている善玉菌を繁殖させる、あるいは増強させるという方法になります。オリゴ糖は粉末のものも販売されているなど、お料理にも取り入れやすく、摂取しやすくなってきていておすすめです。

一方で、悪玉菌が持つ力を抑え込むためには、繁殖を防ぐ方法が一般的です。悪玉菌のエサになるのは消化しきれずに腸内にまで流れてきたたんぱく質やアミノ酸となります。これらの栄養素は肉類に多く含まれており、したがって肉中心の食生活を送っていると、悪玉菌の繁殖につながり、ひいては腸内環境の悪化へとつながっていくことになります。善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすためには食生活を根本的に見直していかなければなりません。

腸内環境と善玉菌、悪玉菌

便秘は美容の大敵と言われていますが、その理由は食べ物の消化や栄養の吸収が、健康とも密接に関わっているだけでなく、お肌にも影響を及ぼすことが分かっていることにも起因しています。悪玉菌は栄養の吸収を阻害してしまったり、悪玉菌が作り出した有毒物質が血管から全身へと運ばれてしまったりすることによって、お肌に対して身体の内側からダメージを与えることにつながりますので、悪玉菌の繁殖と便秘は美容のためにも注意しなければなりません。

悪玉菌と同じく腸内環境を左右する細菌に善玉菌がありますが、こちらは悪玉菌とは対照的な存在となります。悪玉菌が便秘の原因になるのに対して、善玉菌は排泄を促してくれる存在なため、便秘を解消するためには、いかに悪玉菌を減らせるかという問題があるのと同時に、いかに善玉菌を増やせるかという問題があると言えます。善玉菌と悪玉菌はそれぞれの数が多い方が強く働くことが分かっておりますので、便秘を改善するためには、まずは悪玉菌の数を善玉菌が超える状態を目指す必要があります。

善玉菌と悪玉菌に左右されている腸内環境は、普段の生活、特に食生活によって良い状態にも悪い状態にもなってしまいます。食生活が乱れると便秘が引き起こされやすい、これは誰もが感じていることだとは思いますが、気のせいではなく、明確な裏付けがありますので、便秘を改善していくためにはまず食から見直しされなければならないと言えるでしょう。このサイトでは腸内菌が便秘にどんな作用をもたらすかをまとめました。