善玉菌を増やす、悪玉菌を減らす

善玉菌を増やす方法として有名なのは、やはりヨーグルトなどの食べ物を摂取して、体内に善玉菌を直接取り込む方法です。ヨーグルトは便秘に良いと言われている理由は、ヨーグルトの中にビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌が含まれているからで、食べるだけで腸内環境を整えることにつながります。また、近年話題になっているのはオリゴ糖を摂取して善玉菌を増やしていくという方法です。こちらは善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂取することで、もともと体内に残っている善玉菌を繁殖させる、あるいは増強させるという方法になります。オリゴ糖は粉末のものも販売されているなど、お料理にも取り入れやすく、摂取しやすくなってきていておすすめです。

一方で、悪玉菌が持つ力を抑え込むためには、繁殖を防ぐ方法が一般的です。悪玉菌のエサになるのは消化しきれずに腸内にまで流れてきたたんぱく質やアミノ酸となります。これらの栄養素は肉類に多く含まれており、したがって肉中心の食生活を送っていると、悪玉菌の繁殖につながり、ひいては腸内環境の悪化へとつながっていくことになります。善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすためには食生活を根本的に見直していかなければなりません。