便秘と一緒に気にしたい症状

便秘は単にお通じが悪くなっているだけではなく、身体へさまざまな悪影響を及ぼすことになります。代表的な例としてはオナラが臭くなったり、お腹が張っていたりといった症状がありますが、これ以外でも肌荒れや体臭、口臭が酷くなってしまう、倦怠感や疲れやすい体になってしまう、風邪をよくひく、口内炎ができやすいといった症状も便秘と関連性があるとされていますので、便秘と共に注意しておきたいところです。美容面で言うならばやはり気になるのは肌荒れ、体臭、口臭という症状ですね。便秘を改善することによってこれらの関連性のある症状も改善される可能性が高いので、便秘解消を第一の目標としてみることを強くおすすめします。

便秘がよく起きる人は、既に腸内環境が悪くなっていることが予想されます。善玉菌と悪玉菌のバランスが「善玉菌<悪玉菌」の状態になっているため、善玉菌を増やす、悪玉菌を減らすという目的で、食生活から改善していくようにしてください。肉類に偏った食生活を送っているのであれば、肉を食べることを控える、野菜が不足していて食物繊維が取れていないならば野菜中心の食へと切り替える、加えてヨーグルトやオリゴ糖などの便秘改善効果の期待できる食べ物を食べるなど、食生活を変化させていくようにしましょう。