腸内環境と善玉菌、悪玉菌

便秘は美容の大敵と言われていますが、その理由は食べ物の消化や栄養の吸収が、健康とも密接に関わっているだけでなく、お肌にも影響を及ぼすことが分かっていることにも起因しています。悪玉菌は栄養の吸収を阻害してしまったり、悪玉菌が作り出した有毒物質が血管から全身へと運ばれてしまったりすることによって、お肌に対して身体の内側からダメージを与えることにつながりますので、悪玉菌の繁殖と便秘は美容のためにも注意しなければなりません。

悪玉菌と同じく腸内環境を左右する細菌に善玉菌がありますが、こちらは悪玉菌とは対照的な存在となります。悪玉菌が便秘の原因になるのに対して、善玉菌は排泄を促してくれる存在なため、便秘を解消するためには、いかに悪玉菌を減らせるかという問題があるのと同時に、いかに善玉菌を増やせるかという問題があると言えます。善玉菌と悪玉菌はそれぞれの数が多い方が強く働くことが分かっておりますので、便秘を改善するためには、まずは悪玉菌の数を善玉菌が超える状態を目指す必要があります。

善玉菌と悪玉菌に左右されている腸内環境は、普段の生活、特に食生活によって良い状態にも悪い状態にもなってしまいます。食生活が乱れると便秘が引き起こされやすい、これは誰もが感じていることだとは思いますが、気のせいではなく、明確な裏付けがありますので、便秘を改善していくためにはまず食から見直しされなければならないと言えるでしょう。このサイトでは腸内菌が便秘にどんな作用をもたらすかをまとめました。